about us

主将挨拶

主役は常に観客のみなさまです

この度は慶應義塾⼤学應援指導部のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
平成三十年度主将を務めます菱田幸太郎と申します。以後よろしくお願い致します。

応援を通じて、慶應義塾の気風・文化を伝える

私達、應援指導部は「応援を通じて、慶應義塾の気風・文化を伝える」ことを使命として活動を行っております。勿論、私達にも部員達が声を出し、演奏をし、直接応援するという「応援団」としての側面もございます。しかし私達の真の使命は、慶應義塾の気風・文化を伝え、応援席で「社中」を一つにまとめることでございます。

慶應義塾では、塾生、慶應義塾大学の卒業生である塾員、教職員、塾生の保護者の方々を「社中」と呼んでおります。福沢諭吉先生は、明治時代において慶應義塾が日本を代表する学問・教育の府となしえたのは、社中の協力があったからと述べておりました。先生がおっしゃるように、慶應義塾の強みの一つは「社中」の人々の結束力でございます。

私達は、応援をツールとして「社中」を一つにするべく、日々活動に取り組んでおります。「社中」を一つにすると言うと少々仰々しい感じがしますが、つまりは応援席にいる人々の想いと応援をする対象である選手の想いを繋げ、一つにすることが私達の使命でございます。

私達、應援指導部には三つの部門がございます。一つは華やかに踊り応援席を彩るチアリーディング部。もう一つは迫力ある演奏で試合を盛り上げる吹奏楽団。そして最後は学生服いわゆる「学ラン」を着用し、リーダー指揮や声掛けによって観客を先導するリーダー部。この各部門が三位一体となって、日々全身全霊、活動に取り組んでおります。

ちらのホームページをお読みの皆様、慶應義塾大学の応援席に是非お越しください。応援席に来て、塾生を応援してくださった方々は、皆「社中」の一員だと思っております。熱い試合を熱い応援席で応援すれば、きっと「社中」で熱い絆が生まれます。

最後とはなりますが、應援指導部を支えてくださっている方々、いつも応援席にお越しいただいている皆様に心より御礼申し上げます。本年度も何卒よろしくお願いいたします。

慶應義塾⼤学應援指導部
主将 菱田幸太郎

2018 三部⾨年間スケジュール

  • オリエンテーションステージ

    新⼊⽣勧誘を兼ねて演奏ステージ、ドリルステージ、応援歌ステージを披露します。

    東京六大学野球春季リーグ開幕

    レガッタ慶早戦

    春のうららの~”隅田川”でレガッタ(端艇部)の慶早戦が行われます。

    新人総会

    アメリカンフットボール慶早定期戦

  • 東京六⼤学野球春季リーグ閉幕

    春の慶早戦では、新勧活動の⼀つとして様々なサークルが団体で慶早戦を⾒に来ます。⼤学に⼊って直ぐの思い出として慶早戦を覚えている⽅も多いのではないでしょうか。

  • 六旗の下に

    六大学野球リーグが終わると、東京六大学応援団連盟(慶應義塾大学應援指導部、明治大学應援團、東京大学運動会応援部、早稲田大学応援部、立教大学体育会応援団、法政大学応援団)が一堂に会し、「六旗の下に」が行われます。
    ここでは各大学が野球応援などでお馴染みの第一応援歌、チャンスパターン、伝統の勝利の拍手などを披露します。東京六大学応援団連盟の歴史と伝統を垣間見ることのできる非常に大きなステージです。

    合同演奏会

    六大学のバンド部員、チアリーディング部員の有志が集まって演奏、ドリルステージを披露します。
    ここでの練習は他大学の人との交流が深まる一つのきっかけになります。

    サッカー慶早定期戦

    各種体育会応援

  • 夏季強化練習スタート

  • 夏合宿

    リーダー部、チアリーディング部と共に三部門で合宿を行います。

  • 東京六大学野球秋季リーグ開幕

  • 東京六大学野球秋季リーグ閉幕

  • 三田祭

    日本最大級の大学文化祭来校動員数を誇る三田祭では、応援歌ステージを行って、観客を盛り上げます。

    秋合宿(吹奏楽団)

    目の前に迫った定期演奏会に向け、吹奏楽団の「最後の詰め」の作業を行います。

  • 定期演奏会

    吹奏楽団及びチアリーディング部にとって引退のステージとなる定期演奏会。吹奏楽団の演奏ではポップス、クラシックを華やかに演奏し、ドリルでは美しく移り変わる隊形の連続で、観客を魅了します。チアリーディング部は、これまでの踊りの集大成として、応援活動とは少し違ったステージ使用のダンスをお届けします!

  • 新年総会

    冬稽古(リーダー部)

    リーダー部は、年が明けると、寒稽古がはじまり、心身を鍛え直します。また、寒稽古を行っている體育會の練習場へ行き、一年間の健闘を祈って激励会を行います。このような激励会を通して、私達もまた一年間選手達を全力で応援する決意を固めます。

    アイスホッケー慶早戦

  • 春合宿

應援指導部の歴史

  • 学⽣スポーツが盛んな時代であり、早稲⽥⼤学から挑戦状により第⼀回早慶戦が⾏われる

    ©「応援指導部75年史」
  • 早慶戦にて初めて組織的応援が⾏われる

  • 両校の応援⽩熱により1925年まで早慶戦中断となる

  • 若き⾎誕⽣

    ©「応援指導部75年史」
  • 応援部結成(現リーダー部)

    ©「応援指導部75年史」
  • 戦場に赴く慶早両校の野球部員や学⽣たちの最後の思い出として早慶戦をぜひ実現したいという願いから「最後の早慶戦」が⾏われる

    ©「応援指導部75年史」
  • プロ野球に先⽴ち、戦後初の公式野球戦として神宮球場にて六⼤学OB紅⽩戦が⾏われ、早慶両校の選⼿のみの試合では約四万五千⼈の観客が埋まった

  • 応援部から「応援指導部」へ名称変更

  • 東京六⼤学連盟発⾜

    ©「応援指導部75年史」
  • 應援指導部内にブラスバンド結成(現吹奏楽団)

    ©「応援指導部75年史」
  • 應援指導部内にバトントワリング部設⽴(現チアリーディング部)

詳しくは、「慶應義塾⼤学応援指導部75年史」へ